KHMフェアトレードショップ便り
フェアトレードと暮らすと・・・・・

プロフィール

和田美恵子

Author:和田美恵子
フェアトレードのご紹介などを不定期のショップで。



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


Gift Show

東京ビッグサイトで開催されているギフトショー Spring 2012 にいってきました。
日本最大の パーソナルギフトと生活雑貨の國際見本市というものです。
3日間で200,000人の来場を見込み、出店企業は2,400社という規模です。
そんなところへ、ノソノソ出かけて行ったのは
京都のシサム工房さんの秋冬商品の予約発注が主な目的で、実は今回が2回目です。 
もう一つ、国際協力NGOのシャプラニールが今回はじめて参加しています。
この二つの団体のブースは、東6ホールのW「人と環境に配慮したPeaceful Life」コーナーにありました。
大きな大きな会場の一番奥の一番隅の端っこです。このコーナーの出店数は十数社でした。

6ホール入口

東6ホール入口
各ブースには4桁の番号表示があるのですが、どういう順序なのか分かりかねる配置になっていて、辿り着くには相当に骨が折れました。
フラフラしていると、お馴染みさんの商品が呼んでくれたのでしょうか、自然に素直に入っていかれました。
そのあとは、よくあるフェアトレードの展示会と同じです。
着たり、かぶったり、背負ってみたり、巻いてみたりで2、3時間はあっという間でした。

ビジネスとしては、小さく地味なフェアトレードが、一般の企業に伍してこのような場所に出てくるということに 感慨を覚えずにはいられません。

ギフトショー 002   ギフトショー 005

シサム工房さんは、フェアトレードの他に、エスニック雑貨、家具も扱っていますが、
基本は、生産者の立場や素材をだいじに手作りし、持続可能な生産をするという方向はフェアトレードど同じです。
1970年代から、バングラデシュ、ネパールの女性、子どもの生活支援をしているシャプラニール=市民による海外協力の会は、新しくアーユルベーダレシピに基づくハンドメイドのソープの販売をはじめました。
これにより、クラフトの分野を踏み出し新しい関心を呼び込みたいというのが、今回の出店につながっています。
このソープについては、あらためて丁寧にご紹介するつもりでいます。

この記事に対するコメント


この記事に対するコメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
http://chienowanow.blog46.fc2.com/tb.php/136-947b2497
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。