KHMフェアトレードショップ便り
フェアトレードと暮らすと・・・・・

プロフィール

和田美恵子

Author:和田美恵子
フェアトレードのご紹介などを不定期のショップで。



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


おいしい、おいしいフェアトレードのチョコレート

なぜそんなにおいしいの?



FT8360838783R83y815B83W82CC92B78EDA2011_02.jpg
答えは簡単、単純 明解。
一つひとつの素材原料の良さ、とその製法です。

カカオ、ミルク、砂糖、バニラそれぞれが
小さな農家で大切に丁寧に、自然にそった方法で育てられています。
効率よくとか、多収穫とか、いわばハイテクに頼らない栽培、
豊かな自然に育まれた作物を原料としています。
2013AWchoco.jpg
カカオはドミニカ共和国の小さな農家が栽培したもの。
有機栽培でマンゴやアボガドなどと一緒に植えられ
豊かな自然の森のような中で、大切に育っています。

kakao.png

カカオの甘い香りを活かすミルクは、
スイスの牧場の牛のもの。
栽培過程がはっきりわかる飼料だけを食べている牛のミルク。
抗生物質やホルモン剤なんか使われていないし、
勿論遺伝子組み換えの飼料なんぞ与えられていません。

miruku.png


砂糖は、パラグアイの農家、牛が畑の耕作をします。
糖蜜が程よく残って、
カルシウム、ミネラルがたっぷり


バニラは、マダガスカルの熱帯雨林地域の小さい農家が
栽培しているブルボンバニラ。
とっても甘い豊かな香り!



そしてその製法は、これもまた昔ながらの・・
時間をかけて、最大72時間も、
じっくり練り上げて固めるというスイスの伝統的な技術。
カカオのフレーバーを充分引き出します。
   一般的には乳化剤、凝固剤t等の添加で短時間に作り上げられているそう

ただし、その工場は環境に行き届いた配慮がなされ、
開発されたシステムにより、
チョコレートの温度調整をしたり、工場、オフィスの空調を賄う水は
何と半永久的におなじ水を還流させて使っているそうです。


choco_head.jpg


                  有機栽培のカカオ×スイスの伝統技法で練り上げる極上フェアトレードチョコレートウインターチョコレート

FT8360838783R83y815B83W82CC92B78EDA2011_12.jpg 

上はウィンターチョコ シナモンとコリアンダーのスパイシーな香り、数量限定品 
下左の3点左から、
ミルク、何と言っても一番の人気。
ヘーゼルナッツ、丸ごとゴロンとヘーゼルナッツが入っています。
ビター カカオ分55%、ワインやウィスキーのおつまみにも。
右の3点左から
プラリネ ヘーゼルナッツペーストをミルクチョコで包んで。
アーモンドビター 甘さ控えめビターチョコにアーモンドクランチが。
エクストラ カカオ分71%、カカオの香りと苦み!







この記事に対するコメント


この記事に対するコメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
http://chienowanow.blog46.fc2.com/tb.php/299-758d8f38
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。