KHMフェアトレードショップ便り
フェアトレードと暮らすと・・・・・

プロフィール

和田美恵子

Author:和田美恵子
フェアトレードのご紹介などを不定期のショップで。



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


中河原梅まつり

safe_image.jpg 



梅まつり中河原の梅

サボテン工房会場に参加しています。



IMG_3329_20150131221759fe1.jpg 


IMG_3343.jpg  
サボテン工房、名の由来樹齢61年のサボテン

明日2月1日(日)は

cafri80bin1_tomei.png 
タンザニアのオーガニックコーヒー(インスタント)
のご試飲ができます。


IMG_3333.jpg 
     



パレスチナオリーブ,蓋の不具合

パレスチナのフェアトレード団体「ガリラヤのシンディアナ」から
蓋に不具合のあるオリーブオイルがきてしまいました。
蓋閉め器具の調子によるもので、締め付けがあまく、
クルクルクルクル回って開けるのに一工夫必要というものです。
2割引きでの提供となりました。
高品質のエクストラヴァージンオリーブオイルです。
いかがでしょうか、私のおすすめは、
是非一度この機会にお試しくださいということです。
有機栽培・・農薬、化学肥料不使用・・された
地元種スーリのオリーブを一粒一粒手摘みし、
農家毎に収穫された実を混ぜることなく工場に運び、
低温圧搾でオイルにします。その後にごりを取り除くためには、
風味と微量成分などの栄養を残すためフィルターは使わず
数か月休ませ沈澱させてから出荷しています。
香り豊かなオリーブオイルは、世界各地の国際コンペで賞を取り、
日本オリーブオイルソムリエ協会OLIVE JAPAN2013では
銀賞を受賞など高く評価されています。
オリーブオイルの価格はピンキリだそうです。このコンペ入賞の
レべルでは250ccで4000円のものもあるそうです。
今お試しになり、香りと味がお好みにあったら、
次の新シーズンにはどうぞ定価で、
イヤこの円安続きでは新設定の価格になるかもしれませんが、
適正価格でご愛用いただきたいと心からお願いします。
お問合せはCharhkfe 0465-20-3550 又は
和田090-9010-5171

IMG_3304.jpg 

オリーブオイルを輸入販売している「パレスチナ・オリーブ」代表の
皆川万葉さんは、製
品を評価することで、生産者を元気づけ、
自信や誇りを持って生きられるようにと、1998年から活動を続けています。
単に支援にとどまらず、生産者とパートナーでありたいと考えて
年に一度は現地を訪れ、交流を続けています。
今年も今月17日から2週間くらい訪問し
団体と技術的なことをしっかり話し合ってくるといっています。
パレスチナ・オリーブ通信『ぜいとぅーん』(オリーブの意)を発行し、
製品の背景や生産者の暮らしを伝え、イスラエルの歴史、
時に政治時事問題・・日本ではあまり報道されない・・
にも触れています。
それもそのはず、皆川さんは国際政治を専攻、
学生時代にパレスチナ自治区の大学に留学、シンディアナを知り
研究者として傍観者であるよりは、実際に現地と関わり共に生きる道を選び
「パレスチナ・オリーブ」をたちあげたという方です。
こちらのブログもごらんください。
http://himar-diary.jugem.jp/?eid=72

ガリラヤのシンディアナ
パレスチナ北部のガリラヤを中心に活動する生産者団体です。
ユダヤ系イスラエル人もイスラエル国籍のパレスチナ人も
ともに運営スタッフとして働いています。
農家がオリーブ栽培を発展させること、
生産意欲と収入を高めること、
女性の仕事を作ることを目的としています。
単に作業のみでなく、月に1回はミーティングを持ち、
計画、問題点、達成点などを話し合い、生産過程にかかわっています。
イスラエル企業に独占されている市場にパレスチナ農民の
オリーブオイルを販売する道を開きました。




                

                   イスラエルの国章
                平和の象徴であるオリーブ。
          その発祥の地はパレスチナともいわれています。


              Olve103-225x300.jpg
 
                オリーブの古木 
              6000年ともいわれている。実らせる。

 

 




佐山陽子さん来庭。



""旬の畑を丸ごと味わうごはん"" <comment-reply@wordpress.com>


20140514wadagarden

 

今日は和田さんの素敵なお庭に遊びに行ってきました。さまざまな植栽が植わっていて、
花を見る楽しみと、食べる楽しみとにあふれています。

また、おうちは、県産の木で作られたおうちで、野菜で言ったら、地産地消のおうち。
同じ気候風土の中で育った木を使って作られたおうちは、一番いごこちがいい!そうです。
ほんとに気持ちのいいおうちでした。

前庭に、上の写真のふきやみつばがたくさん実っています。
そのほかに、柿の木があり、梅がなり、レモンの木があり、木イチゴ(ヘビいちご?)がありました。


20140514fuki

ふきの下に、三つ葉やどくだみが生えています。

三つ葉はとてもたくましく、スーパーなどで発砲スチロールのトレーに並べて売られている
ような三つ葉とはくらべものにならないくらい、香りが強くいいとおっしゃっていました。

20140514serori

わお~!私の最も好きな野菜のセロリがなんとお庭ににょきにょき生えている!

しかも、勢いのいいことと言ったらないですよ!
和田さんのお庭にあるこれらの美味しい野菜や花は買ったものは少なく、ほとんど、
あちこちからいただいてきて、挿し木して植えてついたものや、種をわけてもらったり、
交換したりしてふえてきたものだそうです。また、
種が自然にこぼれて毎年実っているようなものが多いらしく、自然農のお庭ですね。


20140514seri

こちらは、セリ。セリって、水場の近くに生えるものかと思っていたら、
こういう場所にも生えるものがあるそうです。
夏に、こたろうさんの田んぼの中に、セリが生えていましたね。

20140514asupara

これ、何だと思います?下の方、見てください。なんだか、食べたことありませんか

20140514asupara2

こっちの写真だとわかりやすいかな?

アスパラです。こんなアスパラがお庭に生えているなんて、楽しいですよね?

20140514fukiasitaba

たくさんのふきとあしたばと、みつばと、カモミールのお花と、コリアンダーのお花を
お土産にいただいて帰りました。うらやましいくらいに素敵な暮らしをされていましたね!

さて、ちょうど私が今日、図書館で借りた「アリスのおいしい革命」にでてくるアリスウォータースさんの
グリーンキッチンとおんなじようなガーデンでしたね。
ハーブがあり、食べられる野菜や果樹があり、そこに立っているだけで、
料理のアイデアが湧いてくる!というガーデン。

そして、そこでいろんな人たちと一緒に料理をして、みんなで一緒にテーブルを囲んでごはんを食べる!
ほんとに私の理想の暮らしが、ここにありました。

アメリカのカリフォルニア州、バークレーにあるアリスのレストラン「シェパニース」に
私も一度行ってみたいなと思います。アリスウォータースさんが大学を卒業して、
モンテッソリーの勉強をしにイギリスに行ったり、フランスで料理の勉強をした後、
このバークレーの古い一軒家を借りて、「シェパニース」というレストランを始められたのです。
もう40年以上前なんですね。アリスは最初から、その土地でとれたもので、良質なもので、
持続可能なもので、そして、そういう食を提供していくことで、世界が変えられる!
という信念を持って始められています。
40年以上前にすでにそういう考えを持っていたって、すごいですよね!
しかもその40年の間、レストランはそんなにもうかるわけではなく、火事に見舞われたり、スタッフがやめたり、
自分自身の生活も変化して何度ももう店を閉めなければならないような危機に見舞われながらも、
40年以上結果的に続けてくることができた、というのは、
やはり彼女に課せられた使命だったのかもしれないですね。

おいしく良質なものを、おしゃれに楽しく提供していく、おいしい革命は、とっても平和な革命ですね!
そして、人々が元気になっていくことで、さらに平和が広がる。

私もアリスのような、そんな食へのかかわりを持った生き方がしていきたいなと思います





ストリートマーケット その2

国府津ストリートマーケット

~~チャルカフェ編
~~


Charkhafe=Charkha+Cafe






5月10日、ストリートマー

Charkha…チャルカは、インドの糸紡ぎ車。
非暴力・非服従・独立のシンボル。
チャルカフェは、自らの手で、想いや暮らしをつむぐ場所。
いろんな人々がつむいだ個性ゆたかな糸が、楽しい未来を織りなして・・・。
9月末頃オープンの予定。準備中です。


それまで、オープンスペースとして
いろいろと利用をします。
10日は、手作りお菓子、軽食有り。
フェアトレード雑貨販売。
etc










 



5月のストリートマーケット

毎月元気、国府津のストリートマーケット

ストリートマーケットポスター斎藤

”チャルカフェ” デビュー。
ちえのわハウスを後継創業して秋のオープンを目指して
準備中のコミニティーカフェです。
前回から参加しています。世代も交代して若人中心。
子育て世代が主力、ベビーカーもバイクも賑やかに出入りしてました。
今月は、そば粉のガレット、パウンドケーキ、のほか
食事もできるような雰囲気ですね。


ガーデンショップはチャルカフェのコーナーに参加します。
フェアトレードコーヒー、
少数派ご贔屓の安心おすすめ食品とエコグッズ。 
庭からはセロリ、コリアンダー苗をプレゼントできそうです。
カモンミールティーの試飲もどうでしょう。



   




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。